弁護士の現状と将来性を徹底考察!高収入?事務所勤めか企業勤めか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の数が多く競争が激しくなっている日本

弁護士というと、高収入で仕事の面で成功しているイメージを持っている人も多いですが、現状は意外と大変な弁護士も多いのです。というのも、現在日本ではかなりの数の弁護士が存在していて、ニーズに比べて飽和状態にあるからです。弁護士が関わる法律案件はある程度増えてはいるものの、それ以上の勢いで弁護士の数が増えていますので、どうしても需給バランスが悪くなっているのです。

というのも、弁護士には定年というものがなく、資格を持ち続けている限りずっと働けるという事情があるからです。また、定期的な更新制度というものも存在せず、基本的に罪を犯すなどの重大なことがない限り、弁護士として居続けることができます。そのため、どうしてもどんどんと弁護士が増えていくことになります。

この傾向は都市部で顕著に見られ、案件の奪い合いとなっているのが現状です。さらに、弁護士になりたての人、転職を考えている人も、弁護士事務所に入るのが難しくなっていて就職難が見られるというのもこの業界に見られる事情です。その分、給料などの待遇が低くなっているのも問題で、特殊で専門性の高い職業であるにも関わらず、一般サラリーマンと同じ程度の年収しか稼げない弁護士が多く出ています。

地方部では都市部ほどの就職難は見られません。しかし、そもそも案件依頼の絶対数が少ないことや、企業相手の法律業務が多くないということで、仕事の幅が限られてしまうことになります。いろいろな分野での経験を積みたいという弁護士にとっては物足りない状況とも言えるでしょう。

弁護士の将来性は?

このような状況、つまり弁護士が多くて仕事が少ないという状況はこれからも続くことになります。政府としても司法試験の難度を上げる、もしくは合格者の数を制限するなどの方法を採って弁護士数を減らそうとしています。しかし、すぐにこうした効果が表れるわけではないので、難しい状況は継続されることになります。

そのため、弁護士が関われる新しい分野に入り込んでいくことが成功の分かれ道となります。企業や個人が法律上のアドバイスや助けを必要とすることには変わりがありませんので、いかにして弁護士の必要性を理解してもらってサービスを提供するかが重要になってきます。また、海外進出している企業も普通になっていますので、国内事案だけでなくグローバルに法律業務を扱っていくスキル、言語能力を身につけて活用するというのも、弁護士の将来性を左右するものとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。