弁護士と関わる職業 法務人材・パラリーガル・検事・裁判官

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士と協力しながら働く人たち

弁護士が行う業務はかなり複雑で範囲が広いので、一人ですべての作業を行うことは難しいものです。そのため、弁護士をサポートする職業の人たちが周りにいて、協力しながらチームとして働くことが多くなります。特に規模の大きな事案を扱う企業内弁護士(インハウスローヤー)の場合はその傾向が強く、常に複数の人たちのサポートを受けながら案件を進めていきます。

まず弁護士に一番近い存在としてパラリーガルがいます。この職業は、いわば弁護士の直属サポートとも言える働きをします。まず、スケジュール管理や書類作成、必要になる公的書類の取り寄せなど、秘書のような役割をするケースがあります。また、もう少し法律的な専門性が高い仕事する人もいて、資料や裁判記録のチェック、訴状の作成、登記の確認や申請に関する手続きを実際に行ったりします。弁護士の仕事が効率よく進むかというのは、パラリーガルの仕事次第ということも多いので重要な働きをします。

さらに、社内の法務部門にいる法務人材も弁護士と協力しながら働くことが多くなります。企業が作成する書類、たとえば新商品の説明書などの法律的チェックを行うなどの業務を行います。また、案件に関する情報や資料を集めてまとめるなど、弁護士が必要とするものを集める作業もあります。さらには、企業の顧客とのやり取りをするなどして、対外的な法務業務を実施するのも大事な役割となります。

弁護士の相手となる職業

上記の職業は、弁護士をサポートする人たちですが、それとは別に弁護士が相手をしないといけない人たちもいます。刑事裁判を扱う弁護士であれば、検事はその代表的な存在です。事件の被疑者の罪状を確定するために様々な証拠を集め、求刑してきますので、それに対抗するために弁護士も相対する証拠を見つけて提示したり、相手の証拠を突き崩したりすることになります。言ってみれば、検事は弁護士の敵となる存在なのです。

民事にしても刑事にしても、裁判の結論を出すのは裁判所です。そのため、弁護士は裁判官に納得してもらえる証拠と論議を提出しなければなりません。当然、裁判官との関係というのも弁護士にとっては非常に大事なものがあります。もちろん、何らかの癒着があってはならないので、裁判所を離れての関係があるということはほぼありません。しかし、証拠の確認作業などで一緒になる機会も多いので、弁護士との関係性が深い人たちとなります。

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。