弁護士になるために受ける司法試験と予備試験とは?法科大学院や予備校に行く理由は?司法修習の目的をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験資格を得ることからスタート

弁護士として活動するためには、最低限の条件として弁護士資格を取ることが求められます。試験に合格して初めて資格が得られるのですが、この司法試験にも受験資格があります。まず、法科大学院(ロースクール)を修了しているという人が一つの受験資格となります。このロースクールは、大学院に設けられている法律職になる人専門の高度教育機関ですが、ここに入るのもかなり難しいのが現実です。それぞれの大学院が実施している試験にパスしないといけません。そもそも、ロースクール試験を受けるためには大学卒が条件となっています。そして、大学で法学を修めた人は2年間のロースクール、法学以外の学部を卒業した人は3年間のロースクールに通うことになります。

もう一つの司法試験を受ける条件は、予備試験と呼ばれるものに合格することです。これは、ロースクールを修了したという学歴を持っていない人のためで、試験を受けるだけの能力があるかということを見るためのものです。予備試験に合格すれば、ロースクール修了者でなくても弁護士資格試験に挑戦できることになります。

どちらの道にしても、弁護士資格を得るための試験は簡単ではなく、毎年かなりの難度となっています。合格率はかなり低く、資格試験の中でも最難関のものとなっています。そのため、独学で勉強をする人もいますが、多くが予備校に通って試験対策をすることになります。

養成課程に進み法律職としての知見を養う

弁護士資格を試験合格後に取ることができたら、すぐに弁護士として働けるというわけではありません。司法修習という、いわば法律職の体験、養成機関を経ないといけないのです。この修習期間中は、弁護士が活躍する法律事務所や検察局、裁判所などに通って、実際の業務を体験することになります。こうして、現場での働き方や法律職としての心構えを学ぶことになります。さらに、検察官、裁判官、弁護士という選択肢の中から自分が進む道を選ぶことができるようになります。

こうして修習期間が終了すると、いよいよ就職活動を始めることになります。弁護士としての道を選んだのであれば、たいていは弁護士事務所に入りますので、自分の望む法律分野をメインに扱っている事務所を探して就活をします。入る事務所によってどんな事案を扱うか、どのくらいの規模の弁護を行うかが違うので、弁護士としての活動が変わってくることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。