弁護士の1日は法律相談と依頼者からの受任案件から 裁判所での弁護も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

比較的自由に時間を差配できる

個人で事務所を持っている弁護士にしても、事務所に所属していわゆる雇われている形の弁護士にしても、ある程度自由に自分の時間の使い方を決められます。というのも、弁護士は高度な専門職ですので、それぞれの自主性が重んじられていて、それぞれの判断でどのように仕事をするかを決められる習慣があるからです。どんな受任案件があるかということを見ながら、自分である程度スケジュールを決めていくことができるのです。

たいていの事務所では、朝の9時過ぎくらいから業務がスタートします。どんな案件をメインとしているかによって、どのように仕事をしていくかは異なりますが、顧客や関係者と会って話し合いをすることが多く、人との関わりが大変を占めるという仕事となります。

相談業務が多い

弁護士の日中のメインの仕事として挙げられるのが法律相談です。一般の個人を対象とするにせよ、企業を顧客としているにせよ、なんらかの法律上の問題が生じた時に、法律のプロという立場からアドバイスを与えることになります。どんな法律が関係するのか、どんな行動を取るべきかなどを話し合っていくことになります。この相談業務は、だいたい30分から1時間単位で行われることが多く、時間によって報酬が発生することになります。

この相談業務から、具体的な案件の依頼につながることがあります。たとえば、交通事故に遭った人から保険金の交渉を行ってほしい、賠償責任を問うための裁判を起こしてほしいという依頼があれば、それに応じて様々な行動を取ることになります。

裁判所に行って裁判をすることも

弁護士の仕事として重要なのが、実際に裁判所で依頼者の弁護をするというものです。特に刑事事件をメインとして扱っている弁護士事務所にいるのであれば、朝10時から夕方5時までの間、裁判所で過ごすことが多くなります。また、どのようなケースにせよ、証拠を確かめたり関係者の話を聞いたりするために、現場に行ったり関係者の家や仕事先を訪れたりすることも多くなります。関係者に会う場合は、日中時間が取れないこともありますので、夕方から夜の時間にかけて訪問することもあります。

そして、出てきた調査結果や資料などを確認して裁判に備えるため、夜の時間仕事をすることになります。裁判が近づいてくると、かなり夜遅くまで準備作業に追われることもあり、毎日忙しい日々を送ることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。